コロワイド、大戸屋プロキシーファイトに敗れて…前門の虎と後門の狼

ビジネス 企業・業界 2020年7月6日掲載

  • ブックマーク

 昨年、大戸屋ホールディングスの株式を取得して筆頭株主となり、業務提携などの株主提案を行ってきたコロワイド。6月末の大戸屋の株主総会で提案は否決、コロワイドには19・1%の大戸屋株が残る。進むも退くも地獄の道のりが見えると指摘するのが会計士界のレジェンド、細野祐二氏である。一方で、大戸屋の株も6月26日から7月3日までの間に、20%以上下落している。今後についてレジェンドが綴る“予言”――。...

記事全文を読む