1年を迎えた川崎20人殺傷事件 犯人が20年引きこもり続けた街を歩く

磯部涼 令和元年のテロリズム 連載 磯部涼 令和元年のテロリズム 2020年5月28日掲載

  • ブックマーク

 令和元年5月28日に起きた川崎殺傷事件。引きこもりを続けていた51歳の男がスクールバスを待つ小学生らに襲いかかり、2人が死亡、18人が怪我を負った悲惨な事件から1年が経った。改元の直後に起きたこの事件は犯人が直後に自殺したため動機の解明が進まず、さまざまな憶測を呼んだ。2015年に起きた川崎中1殺害事件を端緒に工場地帯や歓楽街、ベッドタウンが混交する川崎の現状を抉った『ルポ川崎』の著者・磯部涼が象徴的な事件の背景に迫る連載の第1回をお届けする。
※取材は令和元年8月に行われた
...

記事全文を読む