「橋田壽賀子」94歳が語った「安楽死」への心構え

エンタメ 芸能 週刊新潮 2020年1月2・9日号掲載

  • ブックマーク

 日本では認められない安楽死を求めてスイスに渡った女性。去る6月、NHKスペシャルが取り上げて大きな反響を呼んだが、実際、安楽死を希(こいねが)う人は増えている。脚本家の橋田壽賀子さん(94)もその一人である。

 その女性、小島ミナさんは、徐々に全身の機能が失われる多系統萎縮症を患い、理想の死を求めてスイスに渡った。Nスペでは、本人も家族もテレビカメラの前に素顔をさらし、そのうえ、死の直前から直後までもカメラでとらえていたのが衝撃的だった。享年51。

 これに橋田さんは、

「小島さんは生きるのが辛いと感じつつ、家族の愛情も感じていたはず。それでも、大変な負担を背負ってスイスに行くほど彼女の意思は固く、ご家族もその意思を尊重されたのでしょうね。私は小島さんほど切実ではないし、安楽死の具体的な準備をしているわけでもありません」

 こう言いながらも、

「選択肢として安楽死という道があってもいい、とは常々考えています」

 と思いを語る。2019年2月には、「あのとき死ねていればよかった、という思いもある」というほどの経験をしたそうだ。

「ベトナムでクルーズ中に下血して、4日間、輸血を受けました。その後、日本からお医者さまに来ていただき、山王病院に入院しました。搬送費用は保険で賄えましたが、なんと2千万円。船上で食べすぎて、指を突っ込んで吐いたとき食道と胃を傷つけてしまったんですね。下血が止まらず身動きもとれず、“もうやめてください”と何度も頼みましたが、全然通じないし、通訳さんも訳してくれません。ジェット機で搬送中のことはなにも覚えていませんが、麻酔で意識がないまま死ねれば満足だったと思いますね。意識があるなかで苦しい思いをして死ぬのは嫌なんです」

次ページ:「生きているうちは」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]