ナイナイ岡村隆史が満足顔で「大丈夫!」薄毛治療の秘策とは?

BrandVoice

  • 共有
  • ブックマーク

 日本初の頭髪治療専門クリニックとして開院20周年を迎えた「Dクリニック」(東京、名古屋、大阪メンズ/ウィメンズ、福岡の計5クリニック)は、このほど名称を統一し、新しいテレビCMの放映を始めた。

 CMに起用されたのは、お笑いコンビ「ナインティナイン」の二人だ。岡村隆史が薄毛に悩む患者に扮し、矢部浩之がドクター役。薄毛のタイプは9パターンあるとされ、それぞれに治療法が異なる。岡村は特殊メイクで9パターンの患者役に変身、“ドクター矢部”の前に次々と現れる。

あなたは大丈夫? 薄毛(AGA)のタイプは 9パターン

 先日の新CM発表会で、矢部は、「いろんな薄毛で来るので、面白くて、コントみたいになってしまった。ずっと腹の中で笑ってました」と、撮影時の様子を笑顔で語っていたが、岡村は、「CMだからいいけど、本当に(クリニックに)来る人は切羽詰まってますからね」と真剣な表情。それには理由があった。

岡村は薄毛治療の経験者だった

 実は、岡村自身、薄毛に悩んだ時期があり、「Dクリニック」に通院して、治療を受けた経験があるのだ。

 二人のやりとりの後、Dクリニック東京の小林一広院長が登場すると、岡村は、「私の主治医です。何年も前から先生にお世話になりまして、ここまで......。先生のおかげでございます、本当に!」と感謝の“告白”。

 なんでも、ダイビングした後で水からあがったときに、後頭部を芸人仲間に指さされ、「ヤバイよ、ヤバイよ」と言われたのがきっかけで、小林院長を訪ね、治療を開始。わずか3カ月で効果が出たという。「個人差はありますが、岡村さんは反応が良かった」と院長。矢部も、「収録で頭を叩くでしょ。“ペシッ”と音がして、ホントに痛そうだったのが、“フワッ”という感触に。メイクさんも“アレッ”って驚いてましたからね」

 発表会の最後に、薄毛に悩む人たちへのメッセージを求められた岡村は、ボードに「だいじょうぶ」と記し、勇気を持って治療に踏み出せば大丈夫、と力強くエールを送った。

【提供】Dクリニック
www.menshealth-tokyo.com
【企画制作】新潮社

Dクリニック東京 メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京)
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内10F
【TEL】03-5224-5551