野村克也が語る「孤独との向き合い方」 家でも捕手だった僕、投手サッチーを失って

野球週刊新潮 2019年5月16日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

猛妻に先立たれ1年余…野村克也が語る「孤独との向き合い方」(1/2)

 伴侶は名うての猛妻でも、夫唱婦随ならぬ婦唱夫随を貫いた野村克也氏(83)。男やもめになって1年余り、それでも元気に仕事もこなすプロ野球界のレジェンドが、孤独と向き合う処世術について、イチローについて、今のプロ野球について、ぼやきながら語った。

 ***

〈歴史的な名スラッガーなのに恐妻家。そしてぼやき。野村克也という人物は一見、とらえどころがないように見えながら、その実、「女房役」という言葉で、人物像をかなり語れそうだ。

 その戦績は実に輝かしい。1954年のシーズン途中にテスト生として南海に入団すると、56年には正捕手に定着。翌57年に本塁打王を獲得すると、65年には戦後初の三冠王に輝いた。70年に兼任監督になるが、77年に退任し、ロッテ、西武へと移籍し、生涯一捕手であろうとした。80年に引退するまでの成績は、MVP5回、首位打者1回、本塁打王9回、打点王7回を数え、2901安打、657本塁打、1988打点を残している。

 監督としても南海のほかヤクルト、阪神、楽天で、リーグ優勝を5回、日本一を3回達成。名将の名をほしいままにしたが、一方で、率いるチームが快進撃を続けていても、口から出るのは前向きな言葉よりも、ぼやき。加えて強いイメージは、45年間連れ添ったサッチーこと、沙知代さんの尻に敷かれる姿である。

 だが、要は、生粋の捕手であり、投手を支える縁の下の力持ちだという意味で、野村氏は「女房役」であり続けたのだ。〉

 サッチーは本当に自己中心のわがままな性格で、野球にたとえれば、「わがままな大投手」ですかね。だから、僕はグラウンドでも家でも、キャッチャーだったんですよ。彼女は妻らしいことをなにもしないで、全部お手伝いさん任せだったからね。ご飯を食べるにしても、家で食べるのか、外で食べるのか、なにを食べるのか、というのも全部彼女が決めていました。僕はただそれに従うだけだったから。でも、ピッチャーがいてくれないと、キャッチャーとしては、やっぱりさみしいもんですよ。

次ページ:「手を握ってほしい」

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]