【ブックハンティング】世間に知られたくない「真実」

ビジネスForesight 2019年5月15日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 だれしも人には知られたくないことがある。当人にとって知られたくないことは、たいてい他人にすれば、ぜひ知りたいことである。

 本書『知ってはいけない薬のカラクリ』(谷本哲也著、小学館新書)に書かれているのは、製薬業界や医師(特に大学教授とか医学界で高名な医師)にとっては、できれば知られたくない事実ばかりだろう。

 製薬会社も医師も、必ずしも悪いことをしているわけではない。だが、情報が公開されると、誤解される恐れがあるので、できれば隠しておきたいというのが本音ではないか。しかし、頬被りを続けていると、いつまでも世間の疑念は晴れない。

 製薬会社からカネをもらった医師が、患者の利益より、製薬会社の利益を優先しているのではないか。また、薬の値段や適応症を決める立場の医師が、製薬会社から多額のカネを受け取って、判断が製薬会社に有利なものになっているのではないか。いわゆる“利益相反”である。本書が指摘する疑念は、ほぼこの2点に集約できる。

1種類で1兆円の処方薬

 以前はたしかにひどい状況だった。私自身も外科医時代に、製薬会社から、てっちりや高級ステーキ、テニスツアーやカニ食べ放題の旅行などの接待を受けた。もちろん下っ端の私だけでなく、副院長から部長、医長を含む医局員丸ごとの接待である。麻酔科医のときには皆無だったので、首を傾げつつも、外科は派手だなと思った記憶がある。

 それから30年以上がたち、現在は製薬会社の接待がきわめて厳しく規制されている。医師に報酬が支払われる場合でも、研究会や講演、原稿執筆など、実質的なもの以外はいっさい認められない。製薬会社の薬名入りボールペンを渡すことさえ禁じられているのだから、単なる飲み会をセットするなどというのはあり得ない。研究費やそれに準ずる寄付金も、すべて適正に支出されたかどうかチェックされ、私的流用をする余地などまったくない。

 いわば、ほぼすべての製薬マネーは、正当な理由で医師に渡されているのである。

 とはいえ、医師も人間である。年に数百万円単位の報酬を受け取れば、支払い元に何らかの配慮があっても不思議ではない。勢い、報酬の多い製薬会社を特別扱いするのではないか。医師の側は、1社だけから受け取るわけではないから、公平性は保たれると主張するが、それでもと、患者側が疑念を抱くのは当然だろう。本書はそのあたりの機微を、明快に暴き、解説している。

 製薬会社も営利企業なので、自社の製品を売るために、あの手この手を使うことは違法でない限り許容される。ふつうの企業は、直接消費者に向けて宣伝をしたり、サービスを提供するが、製薬会社はエンドユーザーである患者ではなく、処方したり薬価を決定したりする医師に便宜を供与する。そこに利益相反の危険が入り込む。利益供与を受けた医師は、患者に不利な判断をしても自分の腹は痛まないし、患者からは特段のサービスを受けるわけではないのだから。

 しかし、だからと言って、患者が自分で薬を選べるようにはできない。薬は正しい使い方をしなければ効かないし、副作用の危険もある。薬局等で買えるOTC薬(一般用医薬品)もあるが、こちらは市場の規模が小さいので、製薬会社もさほど力を入れない。医師が処方する薬は、1種類で1兆円を売り上げたりするから、営業に熱が入るのもわかるだろう。

マネーデータベース

 それなら、製薬会社からいっさい医師にカネが流れないようにすればどうか。いや、それもできない。なぜなら、新薬の開発から効果判定、副作用のチェック、実際に処方したときの情報など、医師と製薬会社の間で情報交換は不可欠であり、そこには当然、経費が発生するからだ。

 製薬会社も医師も、基本的にはよりよい薬を開発し、より多くの患者を救うことを目的としている。医師単独では新薬の開発はできないし、製薬会社も医師の協力なしに新薬の評価はできない。研究開発や治験には多額の経費がかかり、医師も多くの時間と労力を費やすのだから、相応の報酬は得て当然である。

 本書がフェアだと感じるのは、こういうこともきちんと書かれているからだ。その上で事実を公表し、これまで隠されてきた製薬会社と医師の関係を、わかりやすく解説している。

 瞠目すべきは、製薬会社から医師個人にどれくらいの報酬が支払われたかを、個別に検索できるマネーデータベース『製薬会社と医師』の紹介だろう。今年1月に公開されたこのサイトでは、医師の個人名で製薬会社から提供された金額が検索できる(現在は2016年度のデータのみ)。

 もちろん、この金額は正当な報酬で、それ自体は何の問題もない。しかし、本書が指摘するところによれば、製薬会社からの報酬が多い医師は、それなりの時間を製薬会社のために割いているということになる。つまり、本業たる診療の時間が少ないということだ(こう書くと、批判モードになる人も多いかもしれないが、報酬の多い医師は、製薬会社から重視されている優秀な人材であり、よりよい薬を広めるために、活躍しているという側面もある)。

医師が言いたがらない事実

 本書はまた、製薬会社と医師の金銭関係だけでなく、世間一般に有用な情報も提供してくれる。

 たとえば、名医の選び方について、名馬より駄馬を見分けるほうが役に立つという伯楽の故事を引いて、ヤブ医者の見分け方を提示している。すなわち、無闇に新薬に飛びつく医者や、薬を出しすぎる医者はアブナイと。

 ほかにも、薬にどれくらいの副作用が出るかは処方した医師にもわからないとか、風邪で早めに薬をのんだからといって早く治るわけでもないなど、医師があまり言いたがらない事実も多く紹介されている。

 さらには、日本人が世界有数のクスリ好きの国民であるとか、新専門医制度には、医師を学会と大学病院に縛りつける弊害があるとか、将来は個人が自分の医療データを管理するパーソナル・ヘルス・レコード(PHR)の時代になり、すでにグーグルやマイクロソフト、アマゾンなどのIT企業が、続々と医療分野に進出しているなど、世間にはあまり知られていない現実も語られる。

 医療は聖域で、製薬業界を含む医療関係者は、常に患者の健康と安全を優先してくれているなどという幻想に浸っていると、いざ病気になったとき、大変な目に遭う危険性がある。つらいかもしれないが、不都合な真実に目を向け、厳しい現実を知るほうが、危機管理上は好ましい。その意味で、本書はきわめて明快かつ有用な一冊である。

久坂部羊
1955年、大阪府生まれ。大阪大学医学部卒。外務省の医務官として9年間海外勤務の後、高齢者が対象の在宅訪問診療に従事。その一方で20代から同人誌「VIKING」に参加し、2003年『廃用身』で作家としてデビュー。以後、医療の現実を抉り出す衝撃作を次々に発表している。2014年『悪医』で第3回日本医療小説大賞を受賞。その他の著書に『破裂』『無痛』『第五番』『芥川症』『嗤う名医』『老乱』『院長選挙』などがある。