【ブックハンティング】世間に知られたくない「真実」

ビジネスForesight 2019年5月15日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 だれしも人には知られたくないことがある。当人にとって知られたくないことは、たいてい他人にすれば、ぜひ知りたいことである。

 本書『知ってはいけない薬のカラクリ』(谷本哲也著、小学館新書)に書かれているのは、製薬業界や医師(特に大学教授とか医学界で高名な医師)にとっては、できれば知られたくない事実ばかりだろう。

 製薬会社も医師も、必ずしも悪いことをしているわけではない。だが、情報が公開されると、誤解される恐れがあるので、できれば隠しておきたいというのが本音ではないか。...

記事全文を読む