灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(51)

国際Foresight 2019年5月12日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

第3章 幸せの頂

 昭和4(1929)年12月。あきと離婚した宮下左右輔は祝言をあげた。

 宮下は震災で焼けてしまった京橋の実家を再建して眼科医院を開業し、あきと「我等のテナー」藤原義江との三角関係を世間が面白おかしく取り上げるのをふり払うように研究に没頭していた。東京帝国大学の講師や東京女子医専教授も兼任した。

 平成9(1997)年、日本弱視教育研究会発行の『弱視教育』に、宮下の「弱視児童特殊学校設立の急務」の論文が64年の時を経て再び日の目を見た。...

記事全文を読む