灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(49)

国際Foresight 2019年5月5日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 門司を出発してから東シナ海、インド洋、スエズ運河を航海していよいよ鹿島丸は地中海へと出た。

 あきにとっては生まれて初めての洋行で、船が各地に停泊するたびに、新たな感性が刺激され歌を次々に詠んだ。

 少女時代から佐佐木信綱先生について句をならって本当に良かったと思う。キャンバスも絵具もいらない、頭の中で歌の世界は広がっていく。おかげで1カ月以上に渡る船の旅も常に新鮮な感性との出会いであった。

 9月18日、義江からの電報を受け取る

「元気で来い ナポリにて待つ」
...

記事全文を読む