灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(46)

国際Foresight 2019年5月2日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 大正14(1925)年3月22日。社団法人「東京放送局」(JOAK、後の『NHK』)から日本で初めてのラジオ放送がついに始まった。

 京田武男アナウンサーによる第一声「あーあー、聞こえますか? JOAK、JOAK……こちらは東京放送局であります。こんにち只今より放送を開始いたします」

 あまり聞こえない放送だったようだが、そもそもラジオという高価な機械を持っている人もまだわずかなので、関係者以外は耳にしていない。

 それから半年後の大正15(1926)年8月31日に、藤原義江は初めてのラジオ出演を果たす。...

記事全文を読む