灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(43)

国際Foresight 2019年4月29日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

七色の テープの虹のかなたにて ほほえみながら涙する君

さかりゆく 二人をつなぐ色紙の 紅きはきれぬ紫もまた

かくばかり 寂しきものか一人の君 この国にあらぬのみにて

思われて 思いて生けりそれをのみ 富ぞとなして悔いなき身なり

命おし 君とあう日のたまゆらの よろこびのためかなしみのため

夢に来て 君が吸いたる唇の 紅きが寂し朝のかがみに

言い残し 聞き残したることあまた あるここちして君を送りし

何千里 君はゆくとも帰り来むは 大天地にわが胸一つ
...

記事全文を読む