灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(40)

国際Foresight 2019年4月21日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 夫から離れ娘と東京に出戻って来たにもかかわらず、離縁も承諾されず中途半端な立場に、あきはとてつもない人恋しさにかられていた。

 少女の頃から恋心を抱く贔屓の花形歌舞伎役者、市村羽左衛門の芝居に通い詰め、いつかあの人の「後添い」になりたいと夢を膨らます。

 そんな時に出会ったのが「我等のテナー」として席巻中の藤原義江だった。

 帝国ホテルに滞在中という情報から、一計を案じ、映画の切符とともに英文でしたためた文をフロントに託した。

 当日、映画のエンドロールが流れても、隣の席は空いたままだった。...

記事全文を読む