灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(38)

国際Foresight 2019年4月7日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 義江がニューヨークの「ホテルアンバサダー」に宿泊して2日が経った日曜日。

『ニューヨーク・タイムズ』の『日曜特別版』に、義江の特集記事が出ていた。

 ボルサリーノの帽子をかぶり横を向いた義江が、船のデッキに立っている写真だ。写真の下のタイトルには「ルドルフ・ヴァレンティノ日本版」と書いてある。

 一面ほとんどが義江の写真という扱いで、その反響は都会でも広まった。

「ヴァレンティノという役者、知っていますか? 僕は知りませんでした」

 不破は、

...

記事全文を読む