灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(37)

国際Foresight 2019年3月31日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 ロンドンの晩秋はもう真冬並みの寒さだ。

 時計台や宮殿の屋根にまでかかるような、低く厚く暗い雲が憂鬱にさせる。

 仕事がほとんど入らない義江は、発声練習のかたわら、ハイドパークなどに出かけて鳩に豆などをあたえて過ごしていた。

 ロンドンの日本人社会は大変狭いコミュニティだ。

 日本からたくさんの名門の御曹司が、ロンドンに留学している。白州次郎もこの時期、ケンブリッジ大学の聴講生として在籍していた。

 日本大使館の中に「日本人クラブ」という、日本からの留学生や芸術家の卵になにかと手を焼いてくれ、相談に乗ってくれる部門がある。...

記事全文を読む