「梅宮辰夫」独占手記 アンナ2歳の時に最初のがん、6度の闘病でわかった克服法

芸能週刊新潮 2019年3月14日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「梅宮辰夫」芸能界への遺言(2/3)

 御年81の梅宮辰夫の「がん歴」は、1974年の「睾丸がん」から始まる。これが転移しての「肺」、いまから7~8年前の「胃」、3年前の「十二指腸乳頭部」、そして今回初告白となったのが、昨年9月の「前立腺」、この1月の「尿管」手術と人工透析だった。6度ものがんに打ち克った自身が洗いざらいを話すことで、がんに悩む当事者や家族にエールを送りたいという。

 ***...

記事全文を読む