灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(35)

国際Foresight 2019年3月17日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 文子は瓜生商会の倉本春吉に電報を打った。

 大正九年五月十一日

 オトコノコウマレタ

 後日、文子から瓜生商会への手紙には、文子の達筆な毛筆で、

「子供も変わりなく元気にて、子供の名も主人航海中に洋太郎と名付くる様申し来たり早速戸籍簿に洋太郎として登記いたしたくご安心くだされ度先ずは御礼申し上げます。藤原文子」

としたためられた。

 第1次世界大戦の終戦直後で、ミラノは建物も人も大きなダメージを受けていた。歴史ある建物が戦火のススで汚れ、大人たちはすっかり疲れ、若者たちは戦争は終わったと言うのにあげた拳をどこに下ろしていいのか分からず、街で立て看板などの設置や政治集会などを開いている。...

記事全文を読む