灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(34)

国際Foresight 2019年3月10日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 葬儀も一段落し、瓜生商会の重役たちと話し合いを持った。

 若くして突然亡くなったリードには遺言のようなものも無い。しかし生前に書かれた義江の洋行についての出費計画のメモに基づき、瓜生商会も金銭的な協力をしてくれるということで、義江の洋行は再び決定した。

 その後、コックの村田が言いにくそうに遠くを見ながら義江に語り出した。

「実は、若様のお母様のお兄さんの松次郎さんは昔……」

 久しぶりに叔父の名前を聞いて驚いた。

「松次郎叔父がどうしたの?」
...

記事全文を読む