灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(33)

国際Foresight 2019年3月3日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

     79

 義江(戸山英二郎)は、3歳年上で声楽の師でもある浅草オペラのプリマドンナ安藤文子と付き合っている。

 すでに文子の渋谷の実家で暮らし、文子の250円という破格の出演料で生活しているのだ。当時の小学校教員の初任給は50円。義江もある程度の出演料はもらっているが、その4分の1だ。 

 浅草の小屋で売るブロマイド収益を含めると、テナーはプリマドンナの足元にも及ばない。

 文子は義江と結婚したいと考えているが、義江は家庭を持ちたいなどとはまだ考えたこともなく、テナー歌手として自分を磨くことしか考えていなかった。...

記事全文を読む