灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(32)

国際Foresight 2019年2月24日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

     78

「浅草オペラ時代」の始まりと宮下あき(旧姓・中上川、のちに藤原義江の伴侶)が東京に出戻ってきた時期は、ほぼ重なる。

 あきは学習院初等科に入学する娘と2人、家出同然に上京し、夫・宮下の空き家になっている京橋の実家にお手伝いさんと共に暮らしていた。

 夫や実家の中上川家の反対を押しきり東京での生活を始めたのだった。

 あきにも意地があり、「娘の教育は自分の責任」と、学校とのやりとりは非常に熱心だ。

 わずか7、8年前に女子学習院に通っていたというのに、今は父兄として学校に来ていることは、我ながら不思議な錯覚にとらわれていた。...

記事全文を読む