灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(31)

国際Foresight 2019年2月17日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 戸山英二郎(藤原義江)は、オペラというものが大流行となっている浅草にやってきて面接を受けた。

 浅草の喧騒に武者震いをしながら、「日本館」の門を叩く。明治学院を辞めた時に音楽学校を勧めてくれた同級生の町田金嶺は、すでに浅草で舞台を踏んでおり、この日本館を紹介してくれた。その町田と、俳優の藤村悟郎、桜井館主、鈴木楽長が義江を迎えた。

「何か歌ってみてくれないか。」

 そうはいってもオペラの楽曲で満足に歌えるものなど1つもなかった。

「フランス国家の『ラ・マルセイエーズ』と讃美歌なら」
...

記事全文を読む