執行猶予中のワイセツ整体師に「木下優樹菜」「井川遥」人脈

芸能週刊新潮 2019年2月7日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 女性客を全裸にし、胸や下半身を触ったワイセツ整体師が逮捕されたのを、ご記憶の方もいるだろう。ワイドショーでも散々叩かれたこの男、なんと僧として、寺で修行に勤しむ人たちを指導していたので――。

 ***

 テレビや女性ファッション誌で頻繁に取り上げられ、タレントの木下優樹菜も自著で推薦し、ゴッドハンドと呼ばれた銀座の有名整体師。それが2016年11月、準強制わいせつで逮捕されたのは衝撃だった。磯部昭弘氏(49)は翌年、懲役2年6月、執行猶予4年の判決を受けている。

 二度と人前に顔をさらせまいと、大方は思ったに違いないが、やはりそう思った一人は、「1月12日のテレビ朝日系『ゲンバの声がある』という番組を見て仰天した」と話す。

「グラビアアイドルのわちみなみと声優のPileが、東京の檜原村にある天光寺で滝行を経験というテーマ。2人が寺を訪ね、僧が“ようこそ天光寺へお越しいただきまして”と迎えましたが、室井滋のナレーションが“こちらが今回滝行を教えてくれる天光寺の磯部さん”と伝えると、“磯部さん”というテロップが流れたんです」

 番組の録画を確認すると、磯部氏は年間6千人が滝行に来るなどと説明した後、女性2人にお百度参りをさせ、「こらっ、喋ってないで早く行け!」などと指導。続いて2人を山中に連れて行き、滝行についてレクチャーし、怖がるわちの肩を押し、仏具を振りながら「がんばれ」などと応援しているのだ。

次ページ:整体も再開

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]