灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(30)

国際Foresight 2019年2月10日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「松竹」傘下の元、関西で地固めをする劇団「新国劇」の一員として義江は日々活動するも、歌劇をやってみたいという野心が抑えられないでいた。

「旭硝子」での会社員時代と同じように、誰にも言わず大阪を旅立つことにした。

 義江の悪い癖を叱ってくれる者など誰もいない。

 自分を拾ってくれた座長・沢田正二郎に挨拶もしないで「ドロン」するのは、芝居道に最も反することだというのはよく分かっていたが、沢田に直訴する勇気などない。

 礼を欠く以上のだらしなさと言われても仕方ないが、これからもこの世界で生きていく最低限の礼儀として、2日がかりで書いた手紙を沢田の鏡台の前にそっと置いて新国劇を去った。...

記事全文を読む