灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(29)

国際Foresight 2019年2月3日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「義江さん、あなたお父さんに会いに行った?」

「行ったさ。でも留守だった」

 門司芸者のつばめにこう聞かれて、すぐに嘘がでた。

 つばめは義江の父親が門司の大里というこんなにも近くに住んでいるのに父子が会わないのはおかしい、今すぐにでも会いに行けと義江にうながす。

 父・リードは門司・大里の丘の中腹に立つ「水無荘」と名付けられた大きな別荘に住んでいるようだ。

 義江は家の前まで行くには行ってみたのだが、灯りが外に漏れる家のドアを叩く勇気はなかった。...

記事全文を読む