「菊川怜」との結婚後に養育費ストップ 誠意なき「実業家夫」の元愛人への振る舞い

芸能週刊新潮 2019年1月24日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

菊川怜は耳を塞ぐ「100億夫」の「慰謝料裁判」傍聴報告(2/2)

 昨年12月25日、東京地裁の法廷に立った山本香織さん(仮名)は「未だに養育費をもらっていません」「もっと父親としての自覚をもって対応してほしいです。それが私と娘の願いです」と述べた。

 この“父親”とは、2017年に菊川怜(40)と結婚した実業家の穐田誉輝(あきたよしてる)氏を指す。現在49歳の穐田氏は、スナックでバイトをしていた当時17歳の山本さんと出会い、“交際”をスタート。当時、穐田氏には妻がいたから、はじまりは不倫関係ということになる。09年には山本さんの妊娠が発覚し、後に離婚するが、穐田氏は籍を入れることなく、認知も拒んだ。...

記事全文を読む