灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(28)

国際Foresight 2019年1月27日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 義江は京北実業で再び野球に情熱を燃やした。

 京北には野球部がなく、部の設立を嘆願しても学校側は首をたてに振らなかった。義江は有志の仲間を引き連れて、近くの学校で練習をし、日曜日は他校で試合をした。

 すると京北の教師に呼び出されて、

「君は本校に野球部のないのを知っているのに、掻き回しに来たのか。今後もし続けるのであれば、相当な処分をするから」

 と言われた。

 京北の勉強、簿記とソロバンは義江にとって、全く理解できるものではなかったし、やる気もなかった。...

記事全文を読む