灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(24)

国際Foresight 2018年12月30日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

68

 千代田区九段の靖国神社近く。明治21(1888)年にフランス人宣教師によって創立された暁星小学校、通称「プティ」には、30人以上の生徒が寄宿している。小学生でありながら大学生以上の経費がかかると言われるくらい贅がつくされている寮に、義江は入った。

 暁星の制服は真っ黒の詰襟で、7つの金ボタンに左右の衿には金モールで刺繍された校章が輝く。ウール地のふかふかの触り心地で仕立ての良い制服に袖を通すと、義江は生まれ変わったような感じがした。フランスの陸軍士官学校の制服を真似たものらしく、偉い人になったような気がした。...

記事全文を読む