1兆5千億円でも安全は買えない 陸自元幹部が訴える「イージス・アショア」の不都合な真実

政治週刊新潮 2018年11月8日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

イージス・アショアの不都合な真実(1/2)――市川文一(前陸上自衛隊武器学校長)

 巨額の防衛予算を投じ、迎撃ミサイルシステムを陸上に配備する計画が進行中である。イージス・アショア。米朝の急接近、中露の深謀遠慮など、「核のルール」は目まぐるしく変わる。そんな中、アショアで安全は買えないという不都合な真実を陸自元幹部が訴える。

 ***...

記事全文を読む