灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(21)

国際Foresight 2018年12月9日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

     64

 小学校には通わせてもらえず、母の菊と北新地で生活をする義江だが、この生活も長くは続かなかった。

 ある時、梅田駅近くで畳屋をしている菊の兄の松之助がやってきた。菊となにやら話をして、義江はその晩から松之助の家に引きとられることになった。

 女の一人身で我が子に出て行ってほしいとくれば、男が絡んでいることがほとんどかもしれない。

 それが菊の琵琶芸者としての飛躍のための踏台なのか、身も心も溺れてしまったのかはわからないが、その浪曲師だという男は義江が居る時も度々出入りしていた。...

記事全文を読む