灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(19)

国際Foresight 2018年11月25日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

     59

 九州、大分県の北東部に位置する国東半島は瀬戸内海に面し、比較的穏やかな気候が続く。その国東半島の南側にある杵築は、明治の半ばになっても杵築城を中心とした城下町の賑わいがあいも変わらず、北九州の石炭や鉄鋼の好景気によって人の出入りも多く、むしろ花街はおおいに盛っていた。

 花街が賑わうと杵築の名産イグサを主とする畳替えも頻繁に行われ、町の景気は好循環していった。

 明治39(1906)年、寺を放逐された義江は、杵築の町中で鍛冶屋から身を起こして手広い鉄工所となった水野松次郎・ヨネ夫妻の養子となった。...

記事全文を読む