灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(17)

国際Foresight 2018年11月11日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

     55

 時は明治36(1903)年、大分の杵築にある料亭「旭楼」は、折に沸く石炭景気で「第五旭楼」までできる盛況ぶりだった。縁起を担ぎ、3番目の支店の次は第5店と呼んだ。夕方ともなると、髪結いから高島田に結い着飾った芸者たちが出てきて、通りは華やかな雰囲気となり、びんつけ油の甘い香りが広がる。

 その旭楼(本店)に住んでいると言う「幼いあいのこの義江」は名物となり、遠方からもこの花街に、手土産などを持ってやってくる客もいる。

「幼い子供を商売の道具に使うなど何事だ」
...

記事全文を読む