灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(13)

ライフForesight 2018年10月14日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

     46

「待てど暮らせど来ぬ人よ。宵待ち草のやるせなさ」

 竹久夢二作詞の流行歌の一節を、あきはひとり口ずさんでみる。

 自分は、いったい誰を待っているのであろう。

 二十代の健康な肉体に、全身にわたるハリのある肌、毎日鏡の前に座り施す化粧はぴたりと肌に吸いつき、赤い紅で仕上げれば匂い立つように美しいと、自分では思う。

 しかし周囲の目は厳しく、結婚の夢に敗れた「出戻り」だとさげすまれているようだ。

 結婚し子供を産み育てることが女性のすべてとされていた時代、別居などというのは人生失格者の烙印を押されたことになる。...

記事全文を読む