灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(11)

ライフForesight 2018年9月30日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

     41

 若くも美しく箱入りで育てられてきた生娘が、三つ指ついて自分の所有物になる。新床の甘露をむさぼり、若鮎のしなりを夫は汗ばんだ骨っぽい手で押さえる。

 はじめ新妻はからだ中に力を入れて拒否してきたが、毎晩のように隣りの床から執拗に求めてくる夫に、心とは裏腹、次第に女の身体が反応して行く。

 肉体の目を開かれていくあきは、夫に抱かれることに後ろめたさを感じ、その罪悪感から体感したことのないほどの恍惚感に包まれる。

 接吻は、夫の方からもあまり求められないが、なるべく重ねないようにし、最悪の時はしっかり目をつぶり唇は固く閉じて応じる。...

記事全文を読む