灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(10)

ライフForesight 2018年9月24日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

     38

「三井銀行の中で一番頑固な男のところへ嫁に行かないか?」

 中上川あきの姉・艶は、父・彦次郎からこんな言葉をかけられて見合いをした。

 相手は池田成彬といい、慶應義塾からアメリカに留学、彦次郎が三井に入社させた改革要因の1人で銀行の営業本部長として活躍していた。

 山形県米沢市出身の寡黙な男だが、のちの大蔵大臣、日本銀行総裁になる人物だ。将来有望な部下を実の娘と結婚させるという彦次郎の策略だったが、思いのほか2人はうまく行き立派な家庭を築いている。...

記事全文を読む