エリート街道から一転、「news zero」クビで左遷人事… 日テレ「青山キャスター」の社内情事

エンタメ 芸能 週刊新潮 2018年9月13日号掲載

  • ブックマーク

左遷人事

 これには日テレ上層部も、まさか、と目を剥いた。ちなみにバツイチの青山氏は、最初の妻も現在の妻も日テレの社員と元アナウンサーだ。

「有働さんからはサブキャスターに、彼女の弱い部分である政治面でのサポートを期待されていた。その点、政治部で官邸キャップや外報部でワシントン支局長の要職を歴任し、現在、報道局の解説委員兼政治部副部長を務める青山は適任でした。それだけに上層部は頭を抱えたでしょう。内定白紙どころか、報道局に置いておくわけにもいかない行状だったのですから」

 そして6月後半から青山氏のテレビ出演はぱったりと途絶えた。が、世間はサッカーのワールドカップに沸き、高校野球に白熱していた。その間にさまざまな検討がなされたんでしょう、と日テレ関係者は続ける。

「結局、9月1日付で、日本テレビホールディングス経営戦略局のグループ推進部次長となることが決まりました。完全な左遷人事です。社内へのアナウンスは8月下旬。毎週送られる事務連絡のようなメールに記されたぐらいでした。だから青山の異動を知る社員は少なかったと思います。うちの、通常の人事異動は6月と12月ですしね」

 しかし、報道局の一部では騒ぎとなっていた。青山氏の主戦場、政治部である。

次ページ:立場を利用して

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[2/5ページ]