灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(9)

ライフForesight 2018年9月17日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

     35

 政の中心が京都から東京へと変わり、文明が開かれ、工業をはじめとした経済の大発展をとげた「明治」の主役は、男だった。そして「大正」へと元号が代わり、維新以後走り続けてきた男たちが、一瞬立ち止まってみた隙に、「次の時代の主役は私たちよ」といわんばかりの、少しばかりお洒落をした女性たちが街へ繰り出した。

 中上川あきは、矢がすりのお召ちりめんの着物に、赤地の六寸巾の帯で街へ繰り出す。お抱え車夫が引く人力車で、永田町の家から新橋のたもとまで乗りつけて、銀座4丁目の先までぶらつき、日本で初めてアイスクリームを売ったという「函館屋」でアイスクリームを食べる。...

記事全文を読む