灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(7)

ビジネスForesight 2018年9月6日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

     24

「サラリーマンの大恩人」「ホワイトカラーの元祖」とも言われた藤原あきの父・中上川彦次郎。彼の人生で最後の仕事となる三井銀行のトップとしての実績がのちにそう言わせることとなる。

 今、日本人の働き方の中では、正規雇用の会社員「サラリーマン」と呼ばれる人たちがもっとも多く占めているが、150年以上前、明治維新前の日本では「士農工商」という身分の違いや「工商」の種類は数多あったが、「会社員」という職制はむろん、「会社」という概念自体がまだない。...

記事全文を読む