「財務省」人材流出で日本は大丈夫か 自主退職者の会、古巣に戻ったケースも

政治週刊新潮 2018年7月19日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「財務省」人材流出で日本は大丈夫か――岸宣仁 (3/3)

 掲載のグラフは、1989年から2008年まで、大蔵・財務省のキャリア官僚の採用者数と退職者数の推移を示したものである。20年余で9人と半分近くが辞めた97年入省組のほか、06年組はすでに16人中5人が辞めている。その中の一人が、メディアで活躍するニューヨーク州弁護士の山口真由氏だ。経済ジャーナリストの岸宣仁氏が、彼らが“官庁の中の官庁”を辞めた理由と、その後の歩みを追った。

 ***...

記事全文を読む