【ブックハンティング】「経済学者は開戦に反対した」神話の「嘘」

ライフForesight 2018年7月11日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 アメリカは大金持ちだ。そんな国となぜ戦争を始めてしまったのか。近代戦は、家伝来の刀や槍を持ち出して「ちょっと戦をしてきます」というわけには行かない。国力を傾注して軍艦や飛行機を作り続けなければならない。物資で敵国を凌駕できずにどうして勝てようか。真面目に考えればアメリカには負けるんじゃないか。首都が焼け野原になり、広島や長崎に原爆が落ちてから、初めて分かることではない。当時の日本人にはアメリカの文化もかなり染みていた。アメリカの映画を観、アメリカの音楽を聴き、貧しさに耐えかねてアメリカに移民もする。...

記事全文を読む