灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(2)

エンタメForesight 2018年6月30日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

第1章 妾腹の美少女

     1

 わたしは子供を産んでも処女だったわ――。

 明眸皓歯(めいぼうこうし)の表情をきかせ、後年、藤原あきは自分の半生をこう回想している。

 個人の自由や権利など主張することが出来ない封建的な世の中で、ましてや若い娘の意志や夢などに誰が耳をかしただろう。

 明治維新から世の中が大きく変わりつつあっても、あきが生まれた明治30(1897)年という時代はまだ、娘は家長や親せきが決めた家に嫁いでいかねばならなかった。

 それでも家同士が敷いた路線にうまくのり、お互いが幸せな結婚や家庭を築くことが出来る場合も少なくない。...

記事全文を読む