東野幸治が描く“大西ライオン伝説”「テレビに出ていなくても、心配しない男」

芸能週刊新潮 2018年5月3・10日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 東野幸治が仲間たちの秘話をつづる連載「この​素晴らしき​世界」。今週のタイトルは「心配しない男、大西ライオン(1)」。

 ***

「心配しない男」といえば大西ライオンというピン芸人です。

 10年程前に劇団四季のミュージカル「ライオンキング」の役者のような出で立ちでバラエティー番組に出演し、人気を得ました。上半身は裸。腰に肌色と茶色の布を巻いて、頭の上には段ボールで作ったライオンの頭を被り、「心配ないさ~」と高らかに歌うのが彼の芸。そもそも「心配ないさ~」とは「ライオンキング」の1幕終盤に歌われる「ハクナ・マタタ(どうにかなるさ、の意)」の歌詞で、主役であるシンバが子供から大人への階段を登る際の第一声です。...

記事全文を読む