高学歴信者を心酔させた「オウム麻原」マインドコントロール術、4つのカギ

社会週刊新潮 2016年8月23日号別冊「輝ける20世紀」探訪掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「麻原彰晃」はいかにして「超高学歴信者」を心服させたか(2)

 筑波大学大学院化学研究科を修了している土谷正実や、京大大学院医学研究科で学んだ“厚生大臣”遠藤誠一など、オウム真理教内でのヒエラルキーの上部を占めたのは超高学歴信者たちだった。教祖・麻原彰晃はいかにして彼らをマインドコントロールしていたのか。その謎を解くカギは「アルタード・ステイツ・オブ・コンシャスネス」(ASC)。人が幻覚などを見る状態を指すが、教団はこれを神秘体験と称していたのである。

 ***...

記事全文を読む