暴力団に“用心棒代”を暴露された北島三郎 過去には馬主取消のケースも

芸能週刊新潮 2018年4月5日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

暴力団に用心棒代を暴露された「北島三郎」(下)

 2016年に起こされた裁判によって、北島三郎(81)と元暴力団幹部・青山氏(仮名)の長年の交際が明らかに。詳細は前回を参照頂きたいが、裁判で原告側に協力する形で登場した青山氏は、“北島と兄弟分の盃を交わした”“星野哲郎作詞の『兄弟仁義』はこれをテーマにした楽曲”などと主張する。2人の関係について、陳述書には〈私は北島のケツ持ち〉などの言葉も並び――。

 ***...

記事全文を読む