雅子妃、ご結婚から四半世紀 未だ貫く「ご実家至上主義」

社会週刊新潮 2018年2月15日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 雅子妃(54)が「皇后陛下」となられる日まで400日強。来年からは「国民の母」の役割を担われるが、宮中からは嘆きの声も絶えないという。ご結婚から四半世紀。未だ「ご実家至上主義」を貫かれている――という哀しみの声が。

 年明け、雅子妃には特筆すべき出来事があった。1月10日に行われた「講書始の儀」に、15年ぶりの出席を果たされたのである。お代替わりを来年に控え、ご快復傾向か、と思えるけれど、

「いやいや、一進一退というご様子です」...

記事全文を読む