“これからは秋篠宮妃をよろしく――” 「美智子皇后」の「雅子妃」諦念

社会週刊新潮 2018年2月8日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「美智子皇后」の「雅子妃」諦念(上)

〈語るなく重きを負ひし君が肩に早春の日差し静かにそそぐ〉とは、1月の歌会始での皇后さまの御歌である。象徴としてのお姿を追い求めてこられた天皇陛下を仰ぎつつ、次代へと思いを致される皇后さまの眼差しの先には、雅子妃ではなく紀子妃のお姿があるという。

 ***

 喜びも悲しみも国民と直に共有されるべく、両陛下はもっぱらお揃いで行幸啓を続けてこられた。そのスタイルは「平成流ご公務」として、広く共感を得るところとなったのは言うまでもない。

 きたるべき御代替わりまで1年と3カ月。皇后さまは、皇太子さまとともに次代を担われる「新皇后」雅子妃のお振舞いを、諦観まじりのご懸念をもってご覧になっているという。

 さる宮内庁関係者が明かすには、

「実は年末、皇后さまは雅子妃殿下にある『ご指導』をなさったのです」

 とのことで、

「それは『公務においては涙を見せないように』との仰せでした」(同)

 遡ること約2カ月の昨年12月5日。雅子妃は皇太子さまとともに「障害者週間」に関する行事の表彰式にご出席されていた。宮内庁担当記者が言う。

「最優秀賞に選ばれた小学2年生の女子児童が、障害を持つ弟さんとの生活を記した作文を朗読していた時です。雅子さまが、耳を傾けながら思わず涙ぐまれる場面がありました」

 社会的弱者にしっかりと寄り添うご姿勢は、皇室がとりわけ大切になさってきたのだが、

「皇后さまのご指導は『私たちは公務においては、いずれの場でも同じように振舞わなくてはなりません。感情の表し過ぎには気をつけましょう』とのご趣旨だったと伺っております」(前出・宮内庁関係者)

次ページ:ままならない「平成流」の継承

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]