裕木奈江「23年ぶりの連ドラ」出演で蘇る女性誌バッシング報道

芸能2018年1月23日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

90年代の女性週刊誌が“標的”

 亀梨和也(31)の主演ドラマ「FINAL CUT」(火曜午後9時/フジテレビ系)が視聴率で苦戦している。1月9日の初回視聴率は7.2%、16日の第2回はさらに下がって6.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ***

 ちなみに第1回だが、フジテレビの火曜同枠における初回視聴率のワーストだったという。制作側の焦りは尋常ではないかもしれない。それでも藤木直人の好演が注目されるなど、よいニュースも報じられるようになってきた。

 何よりも団塊ジュニア(1971~74年)より上の世代となると、亀梨の母親役を演じる裕木奈江(47)の姿に「懐かしい!」と喜んでいるのではないだろうか。テレビ担当の雑誌記者が解説する。

「裕木の役は、自殺に追い込まれた亀梨の母親というものです。経営していた保育園に通う女児の遺体が発見され、裕木が演じる母親を犯人だとする報道が過熱してしまいます。実は誤報なのですが、さるワイドショー番組を頂点とするバッシング報道は苛烈を極めます。それに母親は耐えかね、命を絶つというストーリーなんです。そして、この展開が『裕木奈江本人の人生を彷彿させる』と話題になっているんです」

 裕木奈江バッシング――。多分、今の30代以下はご存じないだろう。だが、当時の女性誌は、この話題一色という時期もあったのだ。

 裕木は92年、ドラマ「北の国から ’92巣立ち」(フジテレビ系)に出演して一気に注目を集める。誰もが知る倉本聰(83)が脚本の人気ドラマだから、出演が決まった時点で“シンデレラガール”は約束されていただろう。主人公を演じる吉岡秀隆(47)と肉体関係を持ち、妊娠して中絶するという役を演じきった。

次ページ:話題作がバッシングの温床

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]