西川きよし師匠の話(1)〈東野幸治 この素晴らしき世界〉

芸能週刊新潮 2017年12月28日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 私、東野幸治が吉本興業で芸人として働かせていただいて、もう30年以上経ちました。まさかこんなに続けられるとは思ってもいませんでした。

 なんせ吉本に所属している芸人のアクの強さは半端じゃないです。私なんか普通です。凡人です。多額の借金があってサラ金から逃げてるわけでもなく、バクチに狂って劇場のその日の売り上げの金を持ってバクチに興じるわけでもなく、酒に溺れて、出番前にこっそり水筒に入れたウイスキーを呑むわけでもなく、粛々と言われた場所に言われた時間に行って、あまり文句も言わず仕事してるわけですから。

...

記事全文を読む