ビートたけし「小説、文壇も、お笑いが席巻する」 ピース又吉との対談で宣戦布告

芸能2017年9月22日掲載

 ビートたけしさんの初の恋愛小説『アナログ』の刊行を記念し、「ビートたけし×又吉直樹 特別対談『笑いと純愛』」が、22日23時からニコニコ生放送で配信される。

 かねてから、芥川賞を受賞したピースの又吉直樹さんに触発され小説を書いていることを明かしてきたたけしさん。19日都内で行われた出版記念取材に出席し「又吉が後輩のくせに芥川賞なんかとりやがった。腹立たしい」「又吉が書けるなら、オレも書けると思っていたんだけど、実際にやってみたらとんでもねーなって感じだった。やっぱり映画の方が圧倒的に得意だなって思って、そこがジレンマだったね」と又吉さんへの想いを露わにした。

 そんな“大先生”こと又吉さんとの対談で、たけしさんは、又吉さんが芥川賞を受賞したことを「(お笑いの)裾野を広げてくれてありがたいし嬉しい」と吐露し、「これからの小説、文壇も、お笑いが席巻すると思っている」と文芸界に宣戦布告。その旗手が又吉さんで、自分は二番手でついていくと宣言した。

また、初の恋愛小説『アナログ』については、「買ってください。ゲラを見た人がガンが治ったりですね、家出をしていた女房が帰ってきた、子どもが東大に受かった、あと、飲み屋の勘定を間違えたというね、いいことずくめ。トイレの尿切れが早くなる、下痢がなくなった、いろいろありますんで」と宣伝し、笑いを誘った。

『アナログ』は、すべてがデジタル化する世界で生きる悟とみゆきという男女の恋愛小説。素性も連絡先も知らないまま、なぜか強烈に惹かれあう2人の「アナログ」な関係を通じ、“誰かを大切にする”とは何かを問いかける、渾身の長編作品だ。既に読んだという又吉さんも「すごい面白かった」と太鼓判を押す。

お笑いの世界を飛び出して、文壇でも刺激し合う“巨匠”と“大先生”。そんな2人が語り合う、お笑い、小説、そして恋愛とは。

ビートたけし×又吉直樹 特別対談「笑いと純愛」
ニコニコ生放送 2017年9月22日(金)23:00~
<出演者>
ビートたけし / 又吉直樹
配信URL:http://live.nicovideo.jp/gate/lv306131778

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]