逸見政孝、シャープ元副社長… 日航機「123便」搭乗を回避した当事者たち

社会週刊新潮 2015年8月25日号別冊「黄金の昭和」探訪掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「日航機」御巣鷹山墜落 死神から間一髪逃れた「キャンセル・リスト」の後半生(2)

 昭和60年8月12日に発生した、日航機の御巣鷹山墜落事故。520人が犠牲となった一方で、間一髪で事故を免れた人々もいる。当事者たちが証言する当時の様子、そして“その後”の人生とは。

 ***

 急用でやむなく123便をキャンセルした結果、難を逃れた人もいる。

 シャープ元副社長の佐々木正もその1人である。今年100歳を迎えた彼が、当時の記憶をたぐり寄せる。

 昭和60年、佐々木は副社長兼東京支社長の職にあった。12日は自宅のある大阪に帰るため当便を予約していた。

 ところが前日、佐々木に「明日、会えないか」と連絡をしてきた人物がいた。フィリップス社の東京支社長である。

「オランダ本社の社長が会いたがっているというんだ。フィリップスとは、(CDプレーヤーなどに不可欠な)半導体レーザーを共同で開発したり、液晶の生産拠点を設立しようとしたりして、関係が深かった。それで年末に、社長が来日して食事を共にするというのが恒例だったんだが、その年に限ってお盆のその日になってね。だから飛行機の予約を変更してもらったんです」

次ページ:危機を2度も回避

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]