木嶋佳苗「遺言手記」全文(5) 〈自殺願望ではなく、生きてゆく自信がない〉早期の死刑執行を要請

社会週刊新潮 2017年4月20日号掲載

■余命を諦めた「木嶋佳苗」の東京拘置所から愛をこめて(5)

〈裁判所が真実を認める期待は皆無だから一毫の望みも持っていないということになります――〉4月14日に上告が棄却され、死刑が確定する木嶋佳苗被告(42)。刑の早期執行を請願するという、その思惑とは。

 ***

 一審判決からの5年間、私を支えてくれたのは血縁以外の人達で、みな獄中者のサポート経験がない人ばかり。それでもいわば鵺(ぬえ)のような死刑制度と向き合い、葛藤や苦悩をしながら安らぎを与えてくれました。

 現在、130人程の死刑確定者のうち約7割が再審請求をしている。

...

記事全文を読む