木嶋佳苗「遺言手記」全文(3) 獄中での結婚・離婚・再婚は〈一番尽くしてくれる人を“精選”した〉

社会週刊新潮 2017年4月20日号掲載

■余命を諦めた「木嶋佳苗」の東京拘置所から愛をこめて(3)

 木嶋佳苗被告(42)は“母親への思いをはっきりと記しておきたかったからです”と遺言手記を書いた理由を説明する。現在、木嶋被告と母は断絶状態。母からの支援は打ち切られ、預託品も同意なく破棄されてしまったと明かす。

 ***

「男と事件」についても母のことと無関係ではありません。弁護人以外の面会や書類の受け渡しを禁じる接見禁止が解けて半年が経過した12年冬、防寒用の下着がなかったので現金書留で代金を添えて頼んだところ、彼女からは「買って送ることはできない」と。

...

記事全文を読む